Galaxy Tab S4キラーの中華タブレット「Alldocube X」近日Indiegogoキャンペーン開始 *価格情報など追記


中国深センの会社Alldocubeから最新タブレット「Alldocube X」のプロジェクトを近々Indiegogoで始めると連絡があったのでご紹介しよう。2005年創設の同社は、音楽プレーヤーを始めとし、これまでにもWindowsタブレットKNote5やスマートロボットなどを製造している。

Alldocube Xは6.9mmの薄さ、500gと軽量な10.5インチタブレット。CPUは6コアのMT8176、メモリは4G LPDDR3 RAM、ストレージは64G eMMCで、128G TFカード拡張も可能。

画面はサムスン製のAMBLEDとなっており、解像度は2560x1600。ハイ・ダイナミック・レンジはDCI-P3スタンダードに適合するとしており、色域の広さや繊細でシャープな映像を売りにしている。また、AKMハイファイサウンドチップも使用し、ヘッドフォンを接続して音楽を聴くにも最適だという。

4Kの高解像度映画をスムーズに再生できるとしており、エンターテインメント観賞用タブレットとして設計されたようだ。

バッテリーは8000mAhのポリマーバッテリー。Google Vitals技術により、スタンバイ時間は72時間で、ヘヴィーユースでも5.5時間持つという。充電はUSB-Cのようで、MTK PE+急速充電に対応。

本体には指紋認証スキャナもついている。サイズは245x175x6.9mmとなっており、10.5インチのiPad Pro(257x179x6.4mm)と、薄さこそ僅かに0.5mm大きいものの、ほぼ同じサイズと言って良いだろう。

このほか現段階で公開されている情報や写真などはAlldocube X公式ページにて見ることが出来る。


同社によればAlldocube Xは「Samsung Galaxy Tab S4キラー」とのこと。Galaxy Tab S4はある意味サムスンによるAppleのiPadへの対抗機であるとされ、価格やリリース日などは未だ不明だが、TechRadarによればCPUはSnapdragon 835、4GBのRAMに10.5インチ1600X.2560ディスプレイ、64GB のストレージなどを備えたAndroid 8.0タブレットだとされる。

Versusによれば、CPUの面ではAlldocube X搭載のMT8176の方がクロックスピードがSnapdragon 835には劣るが、ディスプレイサイズやストレージサイズは変わらず。価格によってはもしかしたらS4キラーになり得る可能性も秘めているだろう。

気になるAlldocube Xの価格もまた公開はされていないが、Indiegogoキャンペーンのアーリーバード価格は予定販売価格の26%オフだとのこと。また、公式ページのメーリングリストに登録すればキャンペーン開始時にお知らせが来るようだ。


Image courtesy of Alldocube

Source: Alldocube

(abcxyz)

コメント